第二新卒にオススメ!転職エージェント6選

猫を飼いたくても猫アレルギーだからと諦める人より、アレルギーでも好きだと言って飼う人の方が多い?

猫を飼いたくても猫アレルギーだからと諦める人より、アレルギーでも好きだと言って飼う人の方が多い?

よくSNSなどを見ている人ならその情報に遭遇する事も多いと思いますが、子猫が生まれたまたは拾ったので里親を募集していますと言う情報です。

拡散希望で拡散されて行くので多くの人からコメントが寄せられるのですが、中には子猫をいじわるする趣味をお持ちの人も居るので、細心の注意を払って里親を決めて欲しいですね。

寄せられるコメントを見ているとかなりの頻度で目にするのが、自分は猫アレルギーなので猫が飼えなくて残念です〜と言う言葉です。

今回は猫アレルギーの人が猫を買っても大丈夫なのか?という記事になります。

猫好きパワーは時にアレルギーをも克服する時もある?

猫を飼いたくても猫アレルギーだからと諦める人より、アレルギーでも好きだと言って飼う人の方が多い?

猫アレルギーは、猫が毛づくろいをする時に自分の身体を舐めている時に、身体に付着した唾液にアレルギー性物質が含まれていて、それに対してアレルギー反応が出てしまう人の事を猫アレルギーと呼ぶのです。

一応猫アレルギーなのか検査してから猫を飼うべき

猫アレルギーの症状は軽い物から重いものまで様々ですが、基本的にはくしゃみが出ては真水が止まらないなどの花粉症の様な症状を発症する人が多いですが、中にはアレルギー性皮膚炎の症状で身体全体が痒くなったり、目が結膜炎の様な症状になって瞼を開けられなくなってしま人まで様々なのです。

なので、猫が好きだ!と言って猫を飼い始めてから初めて!自分が猫アレルギーだったと発覚する人も居たりするので、もし将来的に猫を飼いたいまたは飼う予定のあると言う人は、猫カフェなどに行って猫を触ってから自分が猫アレルギーではない事を確認した後に、改めて猫を飼う準備をすると良さそうです。

しかし、そんなに苦しくて大変な猫アレルギーであっても猫を飼っている人は結構たくさん居たりします。

症状がそんなに重くない、花粉症の症状程度の人の多くがそのまま自分の症状は無視で猫を飼っていると言う人が多かったりするのです。

その理由としましては、やはり猫が好き過ぎて飼うのを諦めきれなかった!と言うモノでしたね。

猫アレルギー程度で屈してなるものか!と言う反骨精神と言うか何と言うか、単なる執着と言うかそれほどまでに猫は好きなら仕方が無いとしか言えないでしょう。

花粉症との思い込みで、猫アレルギーを忘れがちに

ここで面白いのが、猫を飼い始めた頃やまたは猫に初めて触った時には猫アレルギーの症状が重かったのに、飼い始めて数年経つと慣れなのかは分かりませんが、猫アレルギーの症状が緩和されてきて猫の腹に顔をうずめて猫を吸うと言う暴挙に出ても、くしゃみや鼻水が出なくなった!と言う人がかなり多く存在しているのです。

もしかしたら猫アレルギーは人によっては日々の習慣によっては免疫が出来て症状が緩和されるタイプのアレルギーかも知れませんが、アレルギー性皮膚炎などの症状が出る人は無理をせずにトレーニングしてみて欲しいですね。

また、どうしても症状が良くなる気配が無かったり逆に喘息に近い症状が出てしまう人も居ると思うので、猫アレルギーはそのうち治る?と思い込まないで対応して行きましょう。

とりあえず、猫を飼っている人やこれから飼う人は、猫が天寿を全うするまで大事にして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です