第二新卒にオススメ!転職エージェント6選

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

新卒・中途採用で入社し、慣れない仕事が続き失敗ばかり。
周りの同僚や先輩と比較して、自分は仕事も遅いし、雑で上司に評価されない。

こんな仕事が覚えられないあなたが、違う会社に転職したとして、転職先でもまた仕事が覚えられずに失敗ばかりするのではないかと不安もあることでしょう。

この記事では、少し考え方を変えるだけでも、
『仕事が覚えられない』あなたは気持ちが楽になります。

今悩んでいる仕事ができない自分がバカバカしくなり

ずっと、熱心に仕事を覚えようとしていたことが、最大限応用してやろうと意識を変えることが可能になります。

仕事に慣れない20代にとっての仕事の苦痛は『仕事が覚えられない』

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

 

覚えられない仕事の例・先輩が中途半端にしか仕事を教えてくれない

・仕事に興味を持てず、モチベーションをあげられない

・分厚いマニュアルで覚えるのが嫌になり面倒くさい

・仕事を頼まれすぎて、一杯一杯でキャパオーバー

このような、悩み事を持つ20代の新入社員の若手はたくさんいるかと思います。

『仕事を覚えられない…なんでおれだけ仕事ができないんだ・同僚はあれだけ仕事ができるのに』そう自分に自問自答し悩んでいませんか?

けど、それって本当に仕事ができてなくて悪いことなんでしょうか?
そもそも、誰が仕事ができないって決めているのでしょうか。

それはあなた自身ではないですか?

抜け出せ!20代特有の悪い評価をつけてしまう自己評価

仕事をしているうちは、悪い評価を自分でつけてしまうのは当然のことです。

むしろ、自ら悪い評価をつけてしまうあなたは、すごいと思います。
どれだけ、謙遜して目指している仕事のレベルが高く感心します。

『仕事が覚えられないことは誰が決めているのか?』
このことをもう一度考えてみてはどうでしょうか?

『仕事が覚えられない』といった焦りが悪循環になってるだけで、
あなたは仕事が出来ない人ではないと思うのです。

仕事のミスは誰でもします、仕事のできるあの先輩、同僚もあなたのみていないところで失敗していたりしているのです。

そして、新入社員ならば、尚更ミスをするものです。

仕事で失敗をすれば、反省をして見直し、そこから対策をし実行に移していくことです。

それが人間の『成長』というものですね。

失敗はしないほうが100点というのがそもそも間違いです。

失敗をするから、人は成長し『仕事が覚えられるようになってくる』

あなたは成長しようと努力をして、失敗したことを絶対に忘れず自分のスキルにしてはどうでしょうか。

もう一度言います。

完璧な人はいません。
失敗をしない人間もいません。

失敗をして『仕事が覚えられない』と焦り、自ら悪い自己評価を勝手につけてしまっているんです。

『仕事の評価は他人が決める』覚えたら成果ではない

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

全ての仕事の成果・評価・業績などは自分ではなく、他人が決めることですよね。

仕事覚えてなくても、評価はされる

あなたが、転職や環境が変わり別の部署で働くことになった時に、
また一から仕事を覚えなければいけないことになった場合、
その新しい仕事は誰が評価してくれるのでしょうか。

その仕事を覚えたどうかは、まずは置いときましょう。
その仕事での『成果・評価・業績』は他人が評価し、それがあなたの仕事の評価になるはずです。

評価がよければその仕事は覚えてなくても大丈夫なんです。

さて、その評価を高くしていくにはどうすればいいのか?
そのポイントを次に紹介していきます。

『仕事が覚えられない』あなたの評価を高くするには

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

『仕事を覚えられない』という理由で悪い自己評価をしてしまうあなた。
自己評価をするのではなくて、他人から良い評価をもらうことを第一に考えましょう。

他人から自分の仕事の評価を高くする方法

仕事を覚えられないのは少し置いといて、
まずは評価を高く受けることにしましょう。

では評価を高くする3点をご紹介しますね。

 

評価を上げる方法・失敗を取り返す努力ができて失敗を恐れない

・相手に話をよく聞いて理解するヒアリング力

・相手を思いやり、自分からコミュニケーションを取れる

失敗を取り返す努力ができて失敗を恐れない

仕事で失敗した時にどういう行動を取ることができるのかで人間の真価の問われる場面となります。

真剣に仕事をすれば、『観察力は高く・情報量も増えて・段取りもよく・ミスも減る』ことになります。

失敗は結果論であり、最初はできなくてもいいのです。
失敗した結果、それを見直して成長し『仕事が覚えられて評価される人』になればいいだけです。

入ったばかりの新入社員は簡単な失敗、それをしなくなると

次は、半人前のやる失敗、さらにそれも克服すれば、

一人前の人がやる失敗と、自分の仕事のレベルが高くなればレベルの高い失敗をするようになるでしょう。

『失敗を恐れないで頑張れる人・失敗しても大問題になる前に解決する人・
人の失敗までフォローできる人』
失敗を取り返す人はこういうこともできるようになります。

このような人は、どこの会社でも重宝され評価を受けることでしょう。

相手に話をよく聞いて理解するヒアリング力

話をよく聞くというと『相手の話に合わせてうなずく』ことが一般的でありますが、ただうなずくのではなく情報を整理して理解することが重要です。

まず、相手の話は基本的には最後まで聞くこと。

おれよく話の途中に割って入ってしまうな…
くろてん
くろてん
ひろねこ
ひろねこ
話を聞いていて、疑問があり質問するのは問題ないよ。

ただ、相手が言おうとしている結論を、自分の推論で勝手に結論つけると、相手からしたら気分は良くないよな。

その結論が合っていても、間違っていてもやな!

 

話を聞いて、疑問があれば質問をして相手の話をしっかり聞きましょう。

相槌も入れながら、質問を入れることで、相手はあなたがちゃんと話を聞いていると感じるし、何より結論を理解することにも繋がるんです。

話を聞くっていうのはすごく簡単で、誰にでもできる、対人関係を円滑に築くための方法なんです。

話を聞いて理解することは、仕事だけとは限らないですよ。
『恋愛・友達・家族』においても大切なことで、人の話を理解して聞くことで、人を理解することに繋がっていくからです。

『営業でナンバーワン・ホストでナンバーワン』となるひとは口がうまいからと言われますが、それは大きな勘違い。

相手の話をよく聞いて理解することで、相手が話を気持ちよくできて、普段言わない本音や、相手の悩みを聞き出せるヒアリング力があること。

それこそが、仕事ができる営業マンやナンバーワンホストのスキルなんです。

相手を思いやり、自分からコミュニケーションを取れる

20代の若手社員は、まだまだ思いやりができない人が多いです。
それは決して、優しいだけの思いやりではありません。

『ほうれんそう』を自分から上司にしていき、コミニュケーションを積極的にとっていくことは『思いやり』の一つだとぼくは思います。

『相手が気にしてるのかな?・心配させ内容に報告をまめにしておこう』といった相手の事を考えて何かをする気持ちがとても大事です。

相手の気持ちを考えて、自分からコミュニケーションをとって、『最近喋っていない人』にも今まで以上にコミュニケーションを図っていくスタイルで働いていくと評価されます。

コミュニケーションが苦手であればこちらも参考にしてください。
もともとコミュ障のひろねこが、コミュニケーションをうまくとる方法を書いています。

  • 元コミュ障が教えるコミュニケーションをうまく撮る方法
社内でコミュニケーションの必要性はあるのか?社内でコミュニケーションの必要性はあるのか?元コミュ障が解説

『仕事が覚えられない』は『覚えていないだけ』

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

仕事が覚えられなくて、仕事に悩んでいるあなた。
それは覚えていないだけという事も考えられます。

覚えなくても、なんでもできる時代になってた

時代は変わってスマホを全ての人が持ち、わからない事があればすぐに調べられるようになりました。

そのため、漢字などもわからなければスマホを使って調べるしメールの文面とかもサイトを見てコピペしますよね。

『仕事を覚えられない』が実は『仕事を覚えなくても何とかなる』という考えになっていると考えられます。

最近では、授業の終わりに先生が書いた黒板の内容を写真に撮って終わりという生徒も多くいるみたいです。

きっと、授業内容を写真に納める事ができたからこれ以上覚えなくてもいいと思っている事でしょうが、

一見、『賢く・効率のいい勉強方法』かと思いきや、『覚えた気になっている』だけで理解はできていないです。

『仕事が覚えられない』ではなく『覚えなくてもすぐに調べられるから大丈夫』という考えになっています。

効率的に仕事をできるのは、それまでの労力があるから

しかし、決してこういった方法は悪くはありません。

効率も良く、仕事もスピード感が増し、無駄な作業が内分効率的です。
しかし、効率的にするには簡単にはできません。

効率的になるまでは、『たくさんの時間・労力・苦労』がかかり、
それが合ってこそ効率的に仕事ができるようになるものです。

『仕事を覚える必要がある』ときも楽をして、一気に覚えた気になるのではなくて、徐々にゆっくりと深く狭く覚えることを意識すると、覚えられる知識も濃い内容になります。

もし、先輩から仕事を教えてもらうときも、手書きでメモをとることから初めてください。

正直メモをとっても仕事は忘れるが、思い返す

ひろねこも入社したばかりの頃は、先輩に教わった仕事がほとんど口頭の説明で、それをメモを取るのを徹底していました。

しかし、正直必死にメモっても忘れてしまいます。

基本的にメモをとる理由は仕事を忘れたときに見返す時に、メモをとってる感じです。

仕事の職種によって覚える量はかなり異なりますが、入社したての頃に、どのくらいの期間をかけて覚えていけば良いのかを確認をします。

『1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月後』その期間でどれくらい覚えとくのがいいのか。

入社して新しい仕事を、『覚えられない・自分に合わないかも…』と悩むのは、仕事に慣れる前に起こるので、無駄に悩まないようにって対策でもあります。

『仕事が覚えられない』のであれば転職も進める

[仕事が覚えられないあなたへ]すぐ忘れる20代新入社員のお悩みを解決

『仕事が覚えられない』のはその仕事に興味がないからというのも考えられます。

その仕事に興味があれば、絶対に早く覚えられますよ。

ひろねこは覚えるのは嫌いでしたが、小学生の時とか大好きなポケモンは全種類覚える事ができましたもんw

人間興味のあるものは、すぐに覚える事ができるんです。

興味のある仕事に転職するのも考えよう

いま仕事が覚えられないと悩んでいる職場で頑張って働くのも、もちろんありです。

仕事が覚えられないことで、上司に理解してもらえずに我慢してまで居続ける必要もありません。

今の会社があなたの最終地点でもないですし、仕事が覚えられないことを理由に評価を悪く言ってくる上司の元で、ずっと定年まで自分の居場所にするのはもったい無いです。

最終的に自分の居場所を決めるのは、あなたを評価する上司でもないし、自分がそこに居たいのかということです。

『仕事が覚えられない』ということで『仕事を覚える』だけに集中して行くのも何か気が引けます。

『仕事が覚えられない』という理由で悩んでいるということは、もうすでに、その仕事にプライドを持って責任を感じて仕事をしているからではありませんか?

今の会社を辞めることになったとしても、その会社で少なからず覚えたことは次の会社でも役に立つし、30代になったときに『仕事ができる人』になっているはずです。

とにかく、『仕事が覚えられない』という事で、振り回されるんだったら“まだ20代” 興味のある仕事を探して、覚えられる仕事に転職することも考えたほうがいいです。

転職経験のない20代は転職エージェントを利用

そもそも、転職エージェントとはどういうサービスなのでしょうか。

転職エージェントとは、転職したい人と、人材を探している企業の間に入り、お互いをマッチさせるための役割を持っています。

もし、転職サイトで募集をかけた場合、どのような人が応募してくるのか、面接をしにくるのかは誰にも解らない、というデメリットがあります。

せっかく面接にきてもらったのに、両者ともに意味のない時間だった、なんてことになると時間の無駄になってしまいます。

そこで、転職エージェントの出番です。

転職エージェントは、あらかじめ転職者と面談を行い、どういう人物なのか、どういう経歴があるのか、どういう仕事がしたいのかをしっかりヒアリング。

また、企業の採用担当者とも面談を行い、どういう人材が欲しいのかを事前に確認しておきます。

つまり、企業側が思う人材と、転職者が理想とする仕事や会社を、転職エージェントが理解しているため、ミスマッチのない転職が実現できるというわけです。

未経験で興味のある業界に転職するなら今までの経験とやる気をアピール

20代から未経験でweb業界に転職

転職エージェントと面談をする際に、職務経歴書や履歴書はチェックされますが、興味のある業界の経験がなかったとしても大丈夫。

転職エージェントが、自分に合った仕事を紹介してくれるため、しっかりやる気を伝えることが重要です。

どんなに短い期間の仕事でも、何かをやってきたことは事実です。

それらを包み隠さずに伝え、やってきたことや実績、意識してきたことなどを面談時にしっかりアピールしましょう。

あとは転職エージェントが、あなたにあった求人を紹介してくれます。

20代の何もできないぼくを後押ししてくれたのはマイナビエージェントでした

ぼくは、マイナビエージェントを主に利用していました。

マイナビというと、転職サイトのイメージやアルバイトのイメージが強いですが、こちらは20代のために特化した転職エージェントになります。

『不安から希望に』20代に特化しているからこそのサポート

転職エージェントを利用して転職する際は、転職エージェントを複数同時に使うのがセオリーです。

複数使ってみて、感じたことは20代の慣れない初めての転職となると、やはり20代に特化したマイナビジョブを使うのが、転職エージェントのサポートや希望の仕事とぴったり一致する確率がダントツでした。

ずっと不安だった、接客業・アルバイトしか経験がないのに未経験から一般職に転職することができるのかという問題を解消してくれて、今の自分が社会でどのくらい求められているのかを転職エージェントを利用して知れたのは転職活動をする上で本当に助かりました。

人材業界の最前線で活躍しているマイナビだからこそ、こちらが困っている時もすぐに質問に答えてくれて『1質問したら10返ってきて、その答えも内容が濃く』転職エージェントの知識やノウハウがとんでもない事に驚かされてばかりでした。

面接の練習も付き合っていただけて転職が初めてのぼくでも安心できました。
そんな、転職未経験なひろねこのスキルや能力に合わせた未公開の求人を教えてくれる転職エージェントは、ぼくにとって救いの神です。

30秒で登録!20代転職に強いマイナビエージェントに無料登録する

まとめ

大事なこと・完璧な人はいない、悪い自己評価をしなくても大丈夫

・仕事の評価は他人が決める

・『仕事を覚えられない』のは『仕事を覚えて居ないだけ』

・『仕事が覚えられない』のであれば興味のある仕事に転職する

20代だからこそ、仕事が覚えられなくても興味のある分野に挑戦してください。

いまは転職エージェントなど、あなたの転職活動をサポートしてくれるサービスもあるため、有効活用してみてはいかがでしょうか。

20代にオススメの転職エージェント

  • マイナビエージェント

    人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

    一般的な転職エージェントであれば中途採用で即戦力が優先してサポートされることが多く、20代の社会人経験がない人は後回しにされることがあります。 ですが、マイナビエージェントを運営しているマイナビは大学生の新卒のための就活ノウハウも持ち合わしていることから、社会人経験も少なく学生に近い20代の転職実績もあるから後回しにされずにサポートしてもらうことができるんです。 『新卒で入社した会社が合わなかった人』や『転職できたのはいいけど労働環境の悪い会社に入った人』『20代前半まで働いたのはいいけど、30代まで空白期間ができてしまった人』といったどんな理由であれマイナビエージェントは見捨てることはありません。

    評価
    おすすめポイント20代や30代の転職成功率が高い
    特徴約50年以上続く大手

    マイナビエージェントを運営するマイナビは創業して50年以上の大手転職企業です。 マイナビでは看護師・保育・クリエイターといった様々な業界に力を入れていて、自社で転職メディアサイトも運営していたり多様な事業を拡大しています。 その約50年幅広く事業を拡大してきたマイナビが新たに転職をする人に寄り添いサポートするためにサービスを開始したのが、この『マイナビエージェント』なんです。 50年も転職業界を牽引してきたからこその、転職ノウハウを身につけているマイナビエージェントは転職成功者を続々と出しています。

  • ウズキャリ

    ブラック企業が少なく、未経験者歓迎の仕事が多い UZUZの転職は安全安心のキャリア形成に役立つのです。 しかも、ネガティブな理由で転職といえば、 工場勤務などの肉体労働や単純作業が頭に浮かびますが、 UZUZの求人は事務職が多いのが特徴。 SEやプログラマー、企画、営業、経理、法務、各種事務など 今後のキャリアに活かせる経験を積むことができる職も 豊富に取り揃えてあります。

    評価
    おすすめポイント安全なキャリア形成に強い
    特徴20代の若者に特化

    就職経験のない人にも使いやすい転職エージェント。 こういう人たちも第二新卒と同じく、就職活動を失敗してしまった、 もしくは職歴がないことでスタートをきることに躊躇している人が多く、 そこには有意義に使われていない若い人材が埋もれています。 UZUZはそういった人材をスクイーズすることを目的とした転職エージェント。

  • ハタラクティブ

    『第二新卒・フリーター・ニート』といった人たちが転職をする上で不利な訳は、仕事経験が0に近いからが原因です。 中途採用では、会社の業績を上げるための即戦力として求められるため、採用されるまでにそれなりの成果が必要になってくるので、仕事経験が0に近い『第二新卒・フリーター・ニート』は爪はじきにされてしまいます。 そのため、ハタラクティブでは会社の業績を上げる即戦力を求める企業ではなくて、『20代で若い人のこれからの活躍・成長に期待したい』と考えている企業を求人として多く取り扱っているため、『第二新卒・フリーター・ニート』といった転職が不利と言われる人でも転職成功するようにしているんです。

    評価
    おすすめポイント転職に不利な人材を転職成功
    特徴今までの経歴は一切なしで転職できる

    『第二新卒・フリーター・ニート』な上に良い大学を卒業していなくても、受け入れてくれるのは有難いですよね。 ハタラクティブは、多領域で未経験から正社員を目指せる求人を多数取り扱い、キャリアよりも『経歴や人間性、これからの伸び代』などを優先して採用を行う企業の求人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です