長時間椅子に座らない生活をしていると、逆に長時間椅子に座れない

長時間椅子に座らない生活をしていると、逆に長時間椅子に座れない

先日、近所の人から聞いた話ですが、
実はその近所の人のお宅では普段あまり椅子に座らない生活を送っているそうです。

椅子に座らないので当然テーブルは大き目のちゃぶ台と言った所なのですが、特に不便も不自由も無いので、将来的に椅子もテーブルも居れる事は無いだろうと言っていましたね。

椅子に座らないで畳に座布団と言う生活をしていた所為か、
ある時思わぬ症状に見舞われてしまって驚いた!そうです。

普段から椅子に座らない生活を送ると
ぎっくり腰になる可能性が高くなる

長時間椅子に座らない生活をしていると、逆に長時間椅子に座れない

楽しい旅行のはずが…
長時間、椅子に座り腰に激痛

その驚いたことが起こったのは、何年か前に高速バスに乗って遠くに住んでいる親戚の家に遊びに行ったそうです。

高速バスも座席が椅子なので、長時間椅子に座る事が殆ど無い所為かちょっと浮かれてしまったりしていた様でした。

最寄りの駅から親戚の家までは高速バスで4時間もかかるのですが、
4時間程度と思っていれば大丈夫!と言って高速バスに乗り込んだのでした。

乗り込んだ直後は特に問題も無くバスが発車して行き、
その後は最初のトイレ休憩の時に少し違和感を感じたそうですが、

その時は特に何もコレと言って凄い症状が出ていなかったので
そのまま、また座席に座って目的地に着くのを待ったそうでした。

そうして4時間の旅路の末に親戚の人の家があると言う町の近くまで来たのですが、バスを降りてしばらくした後に突然!腰に激痛が走って動けなくなってしまったのです!

急いで近隣の整形外科に連れて行ってもらったそうですが、
その症状の名はギックリ腰だったそうでした。

せっかく何年かぶりに楽しい休日を過ごす予定だったそうですが、
このギックリ腰の所為で滞在中はあまり椅子に座る事も出来ないし、

公共交通機関に頼るのも難しいと言う事で帰宅するのに手間取ったそうですが、結局電車で凄いスピードでバスなら4時間かかっていた旅路を2時間にまでヘらす事が出来てやっと帰れたそうでした。

普段使わない筋肉を使うと身体はびっくりしてしまう

でもどうして、長時間椅子に座っていただけでギックリ腰になるのか?と言うと、

普段床に座っている時は椅子の上に座っている時に使われるであろう筋肉を使わないので、いざ久しぶりに椅子に座るとその筋肉が急に使われて驚いて、それでギックリ腰になってしまうと考えられるのです。

このタイプのギックリ腰の場合は逆のパターンも当てまる場合もあるそうなので、普段がイスとテーブル暮らしで滅多に地面に座らない人は、

お座敷で食事などをする機会にもしかしたらギックリ腰になる事もあるかもしれないので、気を付けて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です