飲む日焼け止めなど、身体の中から美白する系のサプリメントは飲み過ぎると良くない?

男性の美白ケア、日焼け止め

ここ数年は便利になったもので、
肌の上に塗る日焼け止めを塗らなくても

美白ケアが出来るようになっていたり、
肌に出来てしまったシミを集中的にケアするために
飲むサプリメントがあったりして、

気軽にいつでも白肌を目指すことが出来る様になっているのです。

とは言え、
降り注ぐ夏の太陽の光は強烈なので

日焼け止めを塗らないで居るのは心配だと言って、
何らかの日焼け止めを塗ってしまう人は多い事でしょう。

飲む日焼け止めが大流行
身体への影響は特にありません

飲む日焼け止めはどんな効果なのか

飲む日焼け止めと言うのが流行っている様ですが、
それは一体どんな効果をもたらしてくれるのか?と言うと、

陽射しを浴びる前に既定の量を飲んで出かけても
日焼けをしていないと言う寸法なのですが、

どうやら紫外線を浴びた時に分泌されるメラニン色素に先回りして、
分泌しない様に促しているそうなのです。

つまり、本当は日焼けをしている状態なのにも関わらず
メラニン色素の分泌がされない状態と言って間違いないでしょう。

確かにこの方法だと日焼けをしなくて済んで
更に将来シミになる予備軍も出なくなるので一石二鳥な気もしますが、
果たしてそれは本当に肌に良い事なのかは分かりません。

飲む日焼け止めを使うことによって、肌にトラブルは?

基本的に肌がメラニン色素を分泌すると言う行動は、
肌が傷などの外傷を負ったと判断して分泌しているので、

それを故意にサプリメントの成分で止めてしまった場合の
身体への影響は無いのか?と思うのですが、
現段階では特に何も報告を聞いていないので大丈夫なのかも知れません。

疑問に思ったり不信感を抱いた人は使わなければよいと思います。

サプリを使うタイミングは決めておこう
確実に日焼けするときだけ飲むのがおすすめ

毎日飲むのではなく、焼けたくないときだけ飲もう

これらの飲む日焼け止めやシミにピンポイントで
効いて消してくれると言う謳い文句のサプリメントは、
毎日常飲するのはちょっとどうか?とは思うので、

飲むなら夏だけにするなど期間を決めておいた方が良さそうです。

と言うのも、メラニン色素を分泌させないと言う事は
一番メラニン色素を分泌しているとある部分にも
作用してしまう可能性も出てくるのです。

その一番メラニン色素を分泌している部分と言うのは髪の毛で、
サプリメントを飲んでメラニン色素の分泌を抑制する効果が
必ずしも肌の上だけに作用するとは限らなかったりするのです。

運悪く髪の毛に作用することも
飲む日焼け止めは自己責任で使う

運悪く髪の毛の毛根に作用してしまって
頭髪白くなってしまった人も居るそうなので、

陽射しが強くて浴びたら確実に日焼けしそうな日だけ
サプリメントを飲むなど、使うタイミングには細心の注意を払って欲しいですね。

それでもどうしても色白の肌を維持して行きたいと言う人は
多いと思うので無謀な使い方をする人も居るかも知れませんが、
何が起きても自分の自己責任だと言う事だけは忘れずに使う様に心掛けましょう。

男性の美白ケア、日焼け止め日焼け止めを塗っていれば日焼けはしないけど、美白ケアは出来ない事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です