日焼け止めを塗っていれば日焼けはしないけど、美白ケアは出来ない事

男性の美白ケア、日焼け止め

最近、色白の肌に憧れるけど何をやったらよいか分からないと言う男性が増えている様です。

こんがりと焼けた肌をしている人はボディビルダー?とか、その気のある人に間違われやすいと言う噂の様な偏見の様な話がある様で、それで夏でもあまり肌を焼かないで過ごして行きたい人が出てきた模様です。

日焼け止めは塗るだけでは美白ケアはできない
洗顔後にもしっかりケアして肌を整えよう

自分達の親で特にお父さんやお爺さんの肌を見てみると、特に日焼け止めもしないで夏は焼き放題で何十年も生きてしまった所為か肌がシミだらけで見苦しくなっている事も、若い男性の肌をきれいに保ちたい!と言う願望に火をつけ始めた気がします。

では最近の若い男性がやっているケアは一体どんな事かと言うと、とりあえず出かける前に顔や腕など露出している部分に日焼け止めを塗ってから出かける様になったそうです。

日焼け止めの種類や効果は、兄弟にお姉さんや妹がいる人はそこから、お姉さんも妹も居ない人はとりあえずお母さんから、お母さんも聞きづらい人は職場の女性の人やドラッグストアの店員さんなどに聞いて日焼け止めを選んだ様です。

多分どの人に聞いても割と正解だったと思います。

そうして選んで買って来た日焼け止めを塗って毎日出勤なり通学なりをする様になって来た男性は増えて来ているのですが、肝心要の美白ケアまでされている人が少ない様です。

とりあえず日焼け止めを塗って置けが日焼けをしないからシミにっもならないだろう?と言うのが彼らの言い分だと思うのですが、日焼け止めは万能では無いですし、水に濡れると効果が落ちてしまうものもあれば、汗をかいて額を拭っても落ちないものもあるので、その点ももう少し研究の余地があると思うのです。

出来れば洗顔後に化粧水で肌を整えるだけでもやって欲しい所なので、兄弟やお母さんや店員さんに相談してみて欲しいのですが、日焼け止めを塗れば大丈夫と一度思い込んでしまうと中々次のステージに進めないのかも知れませんね。

白い肌は女性に学ぼう
まずは日焼け止めを塗るところから

同じ様に日焼け止めを塗っている同志と意見交換をするのも効果的かもしれません。

普段女性がどうやって白い肌を保ち続けているのか?と言う点を論点にすれば、おのずと結論も見えて来る事でしょう。

確かに日焼け止めは大事で、紫外線を極力浴びない様に気を付けていれば肌に将来シミが現れる可能性を減らす事も出来るのですが、ただ一度でもメラニン色素を長期的に分泌させる事になる状況になってしまうと、メラニン色素の分泌を抑制する効果のある成分の入った化粧品を使わないとシミが出来やすくなってしまうので気を付けて欲しいですね。

将来歳を取っても綺麗な肌のお年寄りになりたい!と言う人は、まずは日焼け止めを塗る所から始めて、最終的には美白のケアをして行くと良いでしょう。

男性の美白ケア、日焼け止め飲む日焼け止めなど、身体の中から美白する系のサプリメントは飲み過ぎると良くない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です