高齢者ドライバーに免許を返納させたいなら、返納後の足となる交通機関の整備をして欲しい

高齢者ドライバー

最近、高齢者ドライバーが起こした交通事故が報道される事が多くなって来ましたが、急に増えたのではなくたまたま危険な事故の報道が重なったから最近増えた様に見えるのです。

高齢者ドライバーの事故は昔からありましたが、基本的には自損事故などが多くてテレビで大体的に報道されるほどではなかったそうです。

ところが最近は、高齢者の運転する車で人身事故が発生する機会が増えて来て、しかもその理由と言うか逮捕された高齢者の多くがアクセルとブレーキを踏み間違えたとか、車が誤作動をしているとかよく分からない様な事を言っているのですが、どうやら基本的には踏み間違いが原因で間違って加速して、それで事故に至るケースが多い様です。

では、どうしてそんなに急にアクセルとブレーキを踏み間違えてしまうのか?
僕が感じたことを書いていきたいと思います。

『免許を返納するだけでは解決しない』
実際そんなに甘くない

多分走行中やこれから駐車場などに停めると言う時に別の事を考えてしまった事が原因になっている気がします。

注意力が散漫になって、今やらなければならない事よりもこれからやりたい事に注意が行ってしまった結果、踏まなければならなかったブレーキではなくアクセルを踏んでしまった可能性はあるでしょう。

他にも、持病が原因で意識が朦朧としてしまった結果踏み間違いを起こして事故に至るケースもあるそうなので、高齢者の人が車を運転する場合は健康状態が安定しているのか?などの検査をしっかりとやっておく必要はあると思われます。

ただどうも世間の風潮では、高齢者はなるべく免許を返納して公共交通機関を使った方がイイと言う意見が多数を占め始めていますが、実際はそんなに甘くはありません。

『田舎では車に乗らないと生活できない』
代替交通機関の整備を整えてから言ってほしい

基本的に高齢になっても車を運転している人の多くが、車に乗っていないと生活できない様な地域に住んでいるからだったりするのです。

限界集落でお年寄りしか住んでいない様な山村地帯では、車に乗っていないと家にも帰れないばかりかかかりつけの医者にすら通えなかったりするのです。

日々の生活で食べる食料や生活雑貨を買い物に行く時も車が無いと運んでこれませんし、何より住んでいる地域の近くに店が無いので車が無いと行けないのです。

と言う状況を理解してその提案をしているのなら、出来れば車の運転が出来なくなった時の為の代替交通機関の整備が済んでからそれを言って欲しいですね。

まとめ

日々の生活を維持するための足が使えなくなったら、それに代わる交通機関を用意されない事には、山村に住む高齢者に生きるなと言っている様なモノなのです。

なのでもし、高齢者の人に即刻免許を返納してもらいたいと考えている人は、返納した後の生活を支える代替交通機関を準備して配備して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です