タピオカミルクティーは高カロリーと知ってもゴンチャに飲みに来る人が多い

タピオカミルクティーは女子に人気

先日、各種SNSで、かの絶賛大人気中の飲み物のタピオカミルクティーのカロリーが高い話が話題になりましたが、それでも未だ続々と人気店を目指す若い女性が後を絶たない様です。

女子たちはSNS映えを目指し、タピオカを追い続ける。
世はまさに、大タピオカ時代!!

ということで今回は『タピオカは高カロリーと知っても飲みに来る女子が多い』という記事を書いていきます。

ひっそりと上陸したのに
急速に女子たちの人気ドリンクに

そもそもタピオカミルクティーは一体どこからはやって来たのか分からないと言う人も中には居る様なので軽く説明しますが、どうも台湾で人気の飲み物だったのが日本にひっそりと上陸したモノのしばらくは人気に火が付く事無くスーパーやコンビニで売っている飲み物どまりだった所に急激に火がついて、それ以降は専門店が出来たりファミレスのメニューに入ったり〜と、加速度的に日本中に広まって行った様です。

タピオカはキャッサバと言う芋のデンプンを丸く固めて乾燥させたものを、お湯を沸かした鍋に入れて茹でて冷ましてその後でミルクティーに入れるのですが、実は特にミルクティーに入れなければならない決まりも何も無いので、お好みの飲み物に入れて楽しんで欲しい所ですが何故か日本ではミルクティーにしか入れられてない印象が強い感じです。

ご飯とパンと同じ炭水化物
タピオカは飲むのではなく噛んで分解しよう

タピオカ自体には甘い味などは付いていないのが基本ですが、最近の専門店では味を付けたタピオカを入れている店もある様なので、更にカロリーが高くなっている可能性は高いでしょう。

結局タピオカはデンプン、つまりご飯やパンと同じ炭水化物なので高カロリーになりがちです。

それをコッテリ甘いミルクの入った紅茶の中にたくさん入れているので、低カロリーになる筈が無いのです。

これをもし低カロリーでやって行きたいと考えているならば、タピオカを作る過程でデンプンに対して半分か3分の1程度に寒天の粉を加えるなどする事に寄り、低カロリータピオカを作る事は可能だと考えられるのです。

それに、タピオカミルクティーとしてタピオカを食べる時は、食べると言うよりも飲むと言う状況に陥っている人が大半だと思うので、口の中で噛んで唾液と混ぜる事も無いまま胃に入ってしまうので、それが太る原因にもなっていると思った方が良さそうです。

デンプンは噛んで唾液と混ざる事で糖に分解されるので、しっかり噛んで食べれば身体に蓄積されるよりも燃焼されやすくなるので、これからタピオカミルクティーを飲みに行く予定の人は注意して噛んで欲しいですね。

タピオカミルクティー1杯は
豚骨ラーメンとほぼ同じ
飲みすぎると太るのは当たり前

因みに、よくあるサイズのタピオカミルクティーのカロリーは、よくあるラーメン屋の豚骨ラーメン1杯とほぼ同じだそうなので、1日に何杯もタピオカミルクティーを飲んだりしている人は、1日で豚骨ラーメンを何杯も食べた?かも知れないと思った方が良さそうです。

とにかく何故か、流行やら皆がやってるからと言う理由で、特に今は興味が無い事にも友達に誘われたからと言ってやってみたり食べたり飲んだりしている若い人をよく見かけますが、時には自分の意見や見解を押し通して行動して欲しいと思います。

タピオカミルクティーの飲み過ぎで太った!かも知れない人が今後続出してくると思いますが、それは全て自分の意思で飲んだ結果だと言う事を忘れないで行きましょう。

『知らなきゃ損!梅田でタピ活』人気タピオカ屋ピックアップ ミルクティなど商品解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です