[デザイン全くの初心者]20代未経験でwebデザイナーになるために試した勉強方法

新卒で美容師になり『アパレル店員』『カフェ店員』のアルバイトを経験しwebデザイナーに転職成功した僕ですが、『webデザインは全くの初心者』でした。

これまで『美容や髪のこと』しか勉強しかしたことがなかった僕ですが、webスクールに通いながら、『web制作の基礎』『webデザイン』について勉強し未経験でwebデザイナーの転職に成功することができました。

僕にでも簡単にwebデザイナーに転職成功することができました。
誰でも適切な勉強をすると、未経験でもwebデザイナーになれます。

そういった僕の経験をもとに、webデザイナーに転職成功するために試した勉強方法をこの記事ではご紹介します。

半年でwebデザイナーに転職できるwebスクール

webデザイナーに転職成功するために

まずは、webスクールに入学しようということで『web業界の方なら誰でも知っている”デジハリ”』とめっちゃ迷いましたが『インターネットアカデミー』に入学しました。

自分1人だと最初は頑張って勉強すると思wたのですが、誰かに教えてもらったほうが絶対上手くいくし、一緒にwebデザイナーを目指す人たちが周りにいる環境に身を置けば同じ志を持った仲間と出会いお互いに切磋琢磨してwebデザイナーになれると思いました。

基本的には週4〜5でスクール内で学べるライブ授業やクラス制の授業で学び、無理せずコツコツと勉強していました。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリでwebデザイナー

デジタルハリウッドとWeb業界で知らない人はいないWEB製作会社LIGがコラボしているスクールです。

WEBデザイナーをしている方なら誰でも知っている会社で、LIGの現役デザイナーが授業に登壇したり、WEB製作会社ならではの授業カリキュラムがあります。

一方デジタルハリウッドもITのWEBスクールでは超有名なスクールで、WEBデザイナーになろうと思った人は一度くらい説明会に行った人いないでしょうか?

独学では学べない、現在業界で活躍中の講師の方々に教わることができて、未経験の人でも、基礎から学ぶことができます。

おすすめポイント

01. 半年でwebデザイナーになれる充実カリキュラム

初心者から、わずか半年でwebデザイナーとして、
現場で働けるレベルにもっていくことができます。

現役WEBデザイナーがマンツーマンで指導してくれて、クラス制のライブ授業があり実務力が鍛えることができるんです。

まずはじめに『フォトショップ・イラストレーター』でWebデザインの実力をつけます。

その後に『HTM・CSS・JavaScript』といったエンジニアが扱う技術も学んでいきます。

コーディングを勉強することで、他のデザイナーにも差をつけることができますよね。

『コーディングができるwebデザイナー』は価値が高く、大切に扱われますよ。

02. 通いやすい受講スタイル

 

自分らしく学べるクリエイティブな環境で、平日は22時まで土日は20時まで学ぶことができます。

家でもオンライン授業が可能なので、忙しい方にもおすすめできます!

03. 充実な就職サポート

LIGの転職支援サービスの「people」やクリエーターズオーディションといった業界の採用担当者50社100名を招いた採用オーディションがあるそうで未経験からでもここでアピールすることにより未経験からwebデザイナーにスカウトされます。

上野校

住所 〒110-0015 東京都台東区東上野2-18-7
共同ビル3F いいオフィス内
電話番号 0120-900-294

池袋校

住所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目19-12
山の手ビル東館 6F
電話番号 0120-900-294

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーでwebデザイナー

ヒューマンアカデミーは、充実なサポートとクオリティの高い授業で業界で活躍するWEBデザイナーを産み出しているwebスクールです。

クラス制授業とオンライン授業の2つの授業があります。
PCを全く触ったことのない初心者でもwebデザイナーになるためのスキルを身に着けやすい環境です。
簡単な質問でも全国に多く開講しているので近くのスクールにへ足を運んで講師に直接質問することも可能です。

授業ではWeb業界で現役で活躍するプロを講師に採用しているので、実際の現場で使える技術をわかりやすく教えてくれると評判で、卒業してもスタッフが就職後までサポートしてくれるのも大変魅力的なサービスです。

おすすめポイント

01. 全国駅チカ30校のスクールの多さ

全国駅チカの30校がヒューマンアカデミーの宣伝文句でヒューマンは全国の主要都市にスクールが開校しているので、自宅の周りにあるヒューマンスクールを探してみましょう。

全国で30校も開講しているため、急な『転勤や引っ越し』をしても新しい家の近くのヒューマンアカデミーで授業に通うことができるので安心です。

02. 振替授業制度があり急な用事や仕事があっても安心

急な用事や仕事ができてしまい授業を欠席したとしても、後日の授業の振り替えをすることが可能です。

休学・転校制度もあって、1ヵ月から1年間の休学ができていつでも復学ができ、やむを得ない理由で休学をしなければいけない状況になった時も休学支援制度を利用することができます。

03. 自分の都合にあわせて受講スタイル

ヒューマンアカデミーでは、現役のwebデザイナーが少人数の受講生を受け持つ「クラス制授業」と、いつでもどこでも学べる「オンライン制」の授業があります。

また、両方の良い部分をミックスした「ブレンド」といった受講スタイルを選べることができて、スクールでも家でも勉強したい方にはとてもおすすめなスタイルです。

web制作で必須となるAdobiソフトを学ぶ

僕はPhotoshop、Illustrator、Dreamweaverの基本的な使い方を覚えました。
webデザイナーに転職成功するために必要な条件は『Adobeソフトを使いこなせること』が必須条件になってきます。
スクールでもらったweb制作の教科書や書店で売っている参考書、わからないことはネットで調べて勉強しました。

Photoshopでデザインカンプを作成する

web制作においてPhotoshopは、主に画像編集をするためのツールです。
荒い画質の画像を直したり、画像のトーンをあげたり、明度・彩度・色相といった色の調整するときやwebサイトをデザインする際はPhotoshopが使われます。

Illustratorでwebデザインで使うアイコン素材などを作成する

web制作においてllustratorは、webデザインに使う素材を作成していくためのツールです。
Illustratorを使いこなすことができれば、細かい描き込みや図形を調整することができることができます。
拡大、縮小しても画質が劣化しない『ベクターデータ』というデータを使うのためオブジェクトに対して細部までデザインをすることが可能になるのが『Illustratorの魅力』です。
僕はwebデザインに使うアイコンをIllustratorで作成しています。

Adobiのソフトを使いこなすために

PhotoshopとIllustratorの基本操作は覚えておきましょう。
実際に初心者の方がいきなりAdobiソフトを使いこなすことができるようになるのは時間がかかります。
まずは基本的な操作を学びソフトになれることによって、作業スピードを早めていきましょう。

webデザインの基礎は参考書で盗め

デザインの基礎は本で学ぶことができます。
僕が見て良かったものをあげていきたいと思います。
webデザイナー転職成功してからでも長く使えて手元に必ずおいておきたい本ばかりになっています。
こちらの本を見て勉強さえすれば大丈夫です。

ほんとにフォント

webデザインにおいてフォントってかなり重要です。
同じ文字でも見え方や感じ方が全然変わってきます。

デザイナーは、デザイン全体の雰囲気を見てそのデザインにあったフォントを選ぶのも重要になってきます。

フォントにはそれぞれイメージがあり例えば

webデザイン

どうでしょうか?
フォントによって『ひむろのブログ』の印象が全然ちがってきます。

  • ゴシック体・・・ゴシック体は太さが均等で、シンプルなため視認性が良いのでよく使われます
  • 明朝体・・・信頼感や高級感を感じさせ、女性的なイメージや和のイメージを表現することができる
  • ポップ体・・・元気で明るい印象がありますが、フォントに統一感がありません。
  • 丸ゴシック体・・・ゴシック体より丸みを帯びていて、優しい印象になるい
  • 行書体・・・年賀状や暑中見舞いに使われていて和風な印象です
  • 楷書体・・・行書体に似ていますが、それを筆記体にした感じです

こちらの本ではジャンルごとやレイアウトの相性のいいフォントが紹介されていて、フォントの知識だけでなく『配色やデザイン基礎』に関する知識も学ぶことができます。

なるほどデザイン

『なるほどデザイン』はまさにデザイナーのバイブル!
これからwebデザイナーを目指す人は絶対に読ムベキ一冊です。

気になる内容は、『編集とデザイン』『デザイナーの7つ道具』『デザインの素』この3つですね。

webデザイン

なるほどデザインは本が苦手な方でも読みやすいです。
写真を多く使うことで、文章ではなく実際の具体例を確認しながら学ぶことができるので本が苦手な方でもスラスラ読めること間違いなしです。

デザイナーだけではなく、プレゼン資料を作成したりする方にもおすすめできる本になります。

コーディングをできるだけで面接官の印象が上がる

webデザイナーは『デザインだけでなくコーディングができるwebデザイナー』もいます。

面接で有利なのは、圧倒的に後者の『コーディングもできてデザインもできるwebデザイナー』です。
僕のポートフォリオは『デザインからコーディングしたもの』だけを載せていたので、コーディングの技術もあるということから評価も高く面接でとても有利でした。

そこで最初はhtmlとcssを学びましょう。
ざっくり説明すると、『html』はコンテンツ内に文字を書いたり写真を配置したりする場所で、『cssは』その文字の色や級数を変更したり写真をとこに並べ配置するための指示を書く場所になります。

コーディングは一見文字が多く何をやっているのかわかりませんが、試してみると案外簡単で僕でもできることができました。

コーディングの知識があると、未経験者は最初は会社によってはhtmlを更新してと言われ得ることもあるので、身につけていて損はないです。

最新のwebデザインのトレンドを常に知る

web業界は常にデザインのトレンドが移り変わります。
未経験者は初めから自分だけのデザインをしていくことは難しいです。
そこで業界で評価が高いwebサイトをチェックしておくことはマストです。
過去に『おすすめのwebデザインギャラリーサイト』をまとめた記事があるのでこの記事をチェックしてみてください。

[WEBデザイナー必見]厳選WEBデザインおすすめギャラリー集8選!

最初にwebデザイナーとして働く会社はアルバイトでもいいから入社する

スクール卒業したら、転職活動を始めますが正社員になりたいですよね?
僕は自分が成長できると思ったweb制作会社にアルバイトでも良いから実務的な技術を盗みたかったので入社することを決意しました。
僕の今までの経歴はこちらです。

1社目
アルバイト
スポーツをメインとしたweb制作会社
2社目
正社員
業界でも有名なweb制作会社
正社員
web、グラフィック両方を得意としたデザイン会社

アルバイト時代にデザイン、コーディングの力をつけて正社員として入社することができました。
ここでの経験は今ものすごく役に立っていてアルバイトで正社員のwebデザイナーのアシスタントをすることにより、そのデザイナーが『どのようにpsdをレイヤー分けしているのか』『画像の加工はどうしているのか』など実戦で使える技術を盗むことができるので、半年でも1年でも実務レベルの技術を身にて面接に挑戦することもいいと思います。

もちろん最初から正社員を目指すのも良いと思います。
最初は未経験では自信が持てないと思いますが、自分が成長できそうな会社を見つけてどんどん応募していきましょう。

求人を見つけるために最適な転職エージェントはこちらからどうぞ!

[IT・WEB業界に特化]登録必須の転職エージェント5選

まとめ

僕みたいに、未経験からwebデザイナーに転職成功することは簡単です。
webデザイナーに転職成功するために、まずはwebデザインの基礎を学びましょう。
めちゃくちゃ勉強した訳でもありません。
毎日空いた時間に『webデザイン・コーディング』の勉強をしてきました。
皆さんもぜひwebデザインの基礎を身につけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です