第二新卒にオススメ!転職エージェント6選

[現役WEBデザイナーから見た]わたし、定時で帰ります。の感想

私はドラマ、映画好きで、地上波のドラマはもちろん 「NETFLIX」「Hulu」「Amazon Prime」「U-NEXT」全て登録して 観ています。

今回は「わたし定時で帰ります。」という WEB業界のドラマが放送されたのでWEBデザイナーとして WEB業界で働いている目線での感想を書いていきたいと思います。

まず「わたし定時で帰ります。」とは

『わたし、定時で帰ります。』(わたし、ていじでかえります。)は、朱野帰子による日本小説[1]。『yom yom』(新潮社)にて41号(2016年8月)から45号(2017年8月)まで連載された。2019年4月16日より、TBSテレビ火曜ドラマ」にて吉高由里子主演でテレビドラマ化される

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%81%E5%AE%9A%E6%99%82%E3%81%A7%E5%B8%B0%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

あらすじ

東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。

だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。

ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

https://www.tbs.co.jp/watatei/story/ep1.html

まず最初に

Web制作会社はブラックではありません!!

ブラックのイメージとしては

  • 「夜遅くまで働いていて、納期に追われてそう」
  • 「下請け中心だと程賃金でブラック?」
  • 「毎日徹夜続きで働いている」

ブラックな印象を持たれがちですが、WEB製作会社によって労働時間は全然違います。

吉高由里子演じるwebディレクターの働き方

吉高由里子演じるWEBディレクターの東山結衣は自分と少し似ている気がしました。 その日、やるべきことをタスク管理して、業務時間内に手際よく進めていく。

そうして無理なこと無駄なことを徹底して省くということ。 私の今の会社は定時というより、フレックス制+裁量労働制のような感じなので、今日やるべき仕事が終わったら何時でも帰っています。

ただ今の会社は3社目なので、今までの会社を振り返ると、この吉高由里子のような働き方だと難しいかもしれません。 小さい会社だと会社全体で1つの案件を進めていくこともあるので定時では帰れない会社もあると思います。

みんなの感想

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です